セミクジラの骨格標本

セミクジラ(幼体)の骨格標本製作例

オス 体長8.8m

解剖後の除肉作業
頭骨と下顎骨(手前はヒゲ板)
晒工程:
水槽に注水(約10t)
水温40℃でレノグリーン投入
有機物が分解されて
骨はかなり良い状態
 
脱脂工程:
水温40℃の段階で
レノグリーン10kg投入。
腰椎(手前)と尾椎
工程終了後
乾燥養生中の骨格標本
頭骨(仰向け・・・右が吻端)