イワシクジラの骨格標本

イワシクジラの骨格標本製作例

メス 体長12.4m

解剖調査後埋設した全身骨格を
発掘した状態:
レノグリーン液に浸ける前の骨
頭骨上面
晒工程:
水温40℃・水量8tに対し
合計8㎏のレノグリーン投入
レノグリーンの生分解28日を
目安に水の入替え

(実際は38℃程度で処理しています。)

作業終了
骨の状態は良い